先頭に戻る

すっぽんもろみ

公式サイトはこちら

 

ダイエット・美容・健康に良いとされ、テレビや・雑誌・CMなどでも話題の肥後すっぽんもろみ♪

 

アミノ酸が黒酢の312倍も配合され、効率よくダイエット☆

 

・年齢と共に弱くなる新陳代謝を上げることで、余分な脂肪や老廃物を排出し、痩せやすい体質へと変えてくれる☆

 

フカヒレの9.2倍のコラーゲンを配合することで、アンチエイジングや美肌効果も☆

 

これらのすぐれた効果が、肥後すっぽんもろみ一つで得られることで、人気が高く愛飲者も増加中です\(^o^)/

 

そんな肥後すっぽんもろみ、豊富な栄養を必要とする授乳期は、飲んでも大丈夫でしょうか?

 

授乳

 

肥後すっぽんもろみは、授乳期に飲んでも大丈夫です!

 

【肥後すっぽんもろみ】には、すっぽん・アミノ酸・クエン酸・ツバメ巣・桜の花エキス・月桃エキスなど、自然の原料から抽出した成分が、豊富に配合されています。

 

これらのたっぷりの栄養素や・美容成分が、体の健康をサポートしてくれるので、疲れやすかったり・栄養不足になりがちな授乳期は、むしろ積極的に摂取して欲しい健康食品です(*’▽’)

 

しかも、豊富なアミノ酸の働きで、体内の基礎代謝をアップし、脂肪燃焼効果を促進するので、産後ダイエットにも効果的です(*´▽`*)

 

ただし、妊娠中は要注意!

 

妊婦

 

すっぽんもろみには、妊婦に必要な栄養素がたくさん入っています!

 

例えば、ビタミンB6は辛いつわりを和らげる作用があり、カルシウムは赤ちゃんの骨の形成によいとされているため、基本的には妊娠中でも大丈夫と言われていますが…

 

個人的には、妊娠中の摂取はあまりおススメしません!

 

なぜなら、これらの栄養成分は体によいけど、妊婦が過剰摂取すると危険な場合もあるからです!

 

すっぽんもろみだけなら、まだ良いのですが…
妊娠期は、他にもたくさんの栄養素を、積極的に摂取するようにしますよね…

 

その栄養素の中には、同じ成分の物も多く配合されているため、うっかり規定以上の量を摂取することになります(・。・;

 

例えば、アミノ酸は通常の量を摂取すると、代謝アップ効果があるのですが…

 

妊娠中に過剰摂取すると…
場合によっては、胎児が巨人症になる危険性もあるそうです!

 

さらに、つわりを抑えてくれるビタミンB6ですが…
通常は過剰摂取しても水溶性なため、体外に排出されますが、妊娠中に過剰摂取すると、場合によっては胎児の神経に悪い影響をもたらす可能性もあるそうです!

 

【肥後すっぽんもろみ】は、栄養豊富な健康食品ですが、ママも・赤ちゃんもデリケートで、敏感な妊娠中は必ずお医者さんに相談することをおススメします。

 

肥後すっぽんもろみ、より効果的な飲み方は?

 

1粒

 

ビタミンや・カルシウム・鉄分などの栄養素がたっぷりで、疲労回復や・ストレス解消などの効果も高いすっぽんもろみは、授乳期にもおススメな健康食品ですが、より効果が高まる飲み方?タイミングってあるのでしょうか?

 

基本的には1日1粒、いつ飲んでも大丈夫ですが…
目的に合わせて、飲み分けるのも良いかも知れません(*’▽’)

 

例えば…
ダイエット目的の場合は、運動の前に飲んで、より脂肪燃焼効果を高める

 

授乳期の栄養補充や・美容目的の場合は、成長ホルモンの活動が活発になる22〜0時の間に飲んで、より効果を高める

 

など、自分の体質や・目的に合わせて飲むのがおススメです\(^o^)/

 

しかも、薬ではなく健康食品なので、副作用の心配もありません◎